ケータリングのことならお任せ!

衛生管理を重視するケータリング業者を選ぶ重要性について

ケータリングは指定された場所で食材の調理を行い、作り立ての料理を提供するサービスです。
湯気が立っている温かい料理を提供するサービスの性質上、指定先まで食材や調理器具を持ち運ぶことになります。
そのため、安全な食事を楽しむためには衛生管理を重視する必要があります。
特に屋外で調理を行う場合は雑菌に触れやすい環境の中で食材や器具を扱うことになるので、管理を徹底することが大切です。
季節によっては僅かな時間でも有害な雑菌が繁殖してしまうため、消毒や無菌処理が不可欠になります。
食材が雑菌に触れないように真空で保管したり、調理器具をアルコールや紫外線で殺菌するなど衛生管理を徹底している業者を選ぶことが安全にケータリングを楽しむための心得です。
また、ケータリングのサービスは利用可能な移動距離が制限されていることが多いので、食中毒などのリスクを軽減させるためには指定先に近い立地で営業している業者を優先して選ぶように心がけます。

成長するケータリング業界ですが、衛生管理がポイントになります

ケータリングは新しい言葉ですが、日本には昔から屋台という文化がありました。
江戸時代には夜鳴きそばやてんぷらの揚げものなども、道端で営業していました。
台所の設備がない長屋では、市民の料理に対するぜいたく品だったのです。
それが、お祭りともなれば屋台が、ズラリと並びおでんや焼き鳥と品数も増えていきました。
衛生環境が整っていない時代には、何の疑問ももっていませんでしたが、世の中の環境が整ってくるに従って衛生管理が気になるようになりました。
新たな業態としてケータリングが見直される時代となり、消費者の要望に沿って指定された場所での料理には、衛生管理が命取りになるビジネスになるでしょう。
消費者は、新鮮さと味、そうして出来立てのうまさを、今以上に求めてくるでしよう。
それに対応しようとすれば、するほど衛生管理が遠のいてきます。
それを、どのレベルまで維持できるかが業界で勝ち抜けていけるポイントになると思われます。

最終更新日:2017/1/24